今回はソフトウェア開発
ステップ (手順) について
お話したいと思います。

ソフトウェア開発のステップは
大きく4つに分かれます。

steps00

  1. 要件定義・・・どの様な物を作るか決める。
  2. 設計・・・ どの様に作るか (どの様な構造で作るか) を決める。
  3. プログラミング ・・・ 作る
  4. テスト ・・・ 作ったものが、きちんと動くか確かめる。

これまでに、「計画型」や「アイデア型」
「作業型」や「創造型」といった
様々なタイプのソフトウェア開発について
話をしましたが、
どのタイプでも、だいたいこの手順で
ソフトウェアを作っていきます。

ただ、これらのステップを
どの様に動かしていくかが
開発タイプによって違っていて、
例えば計画型の開発では
要件定義、設計、プログラミング、テストは
それぞれ十分な期間をとって
1回ずつ行なっていきますが、
アイデア型の開発では
実際に動くものを見ながら
価値の高いソフトを作っていくので

要件定義 -> 設計 -> プログラム -> テスト
-> 要件定義 -> 設計 -> プログラム -> …

と、それぞれを短い時間で数回回していきます。

また、これらの順番は
入れ替える事ができず・・・
(例えば、プログラムの前にテストする事はできない。)
要件定義 -> 設計 -> プログラム -> テスト
・・・と川が流れる様に進んでいくので、
最初の方に行う、要件定義や設計を
上流工程・・・
後の方に行うプログラムやテストを
下流工程と呼んだりします。