前回は、お金と影響力は
比例するというお話をしました。

では、ソフトウェア開発で
影響の大きい部分というのは
どこでしょうか?

もちろん、プロジェクトをまとめるリーダーと
それ以外のメンバーという
役割による影響力の差もありますが、
ソフトウェアは工程による
影響力の差というものもあります。

ソフトウェア開発には
要件定義、設計、プログラム、テストと
4つのステップがありましたが、
この中で影響が大きいのは
もちろん、要件定義や設計といった
上流の部分です。

一番上流の要件定義が変われば
その後の設計やプログラムが全て変わりますが、
テストは既に出来たものを確認するだけなので
他の工程にはあまり影響を与えません。

ですので、SE (システム・エンジニア) と PG (プログラマー)
とでは、下流工程を受け持つ PG よりも
上流工程を受け持つ SE の方が
影響力が大きく、
平成27年の平均年収でも
SE が 591万円・・
PG が 408万円と
影響力が大きい SE の方が給与が高くなっています。

(参考: 年収ラボ http://nensyu-labo.com/)

ですので、あなたがエンジニアとして
働くのならば下流工程だけでなく
是非、上流工程にも絡める様に
取り組んでみて下さい。