ソフトウェア開発の発注には
元請(もとうけ) と下請(したうけ)の
2種類があります。

誰かがソフトウェアを作成したいと
考えた時、
それをソフトウェア開発業者に
相談しますが、
この、直接相談を受けた業者が
「元請」業者です。

もしくは、企画者が
ソフトウェア開発業者内に
いた場合は、そのまま
自分の組織が元請になったりします。

しかし、その元請業者が
自分達の組織だけで、開発が回らない場合、
他のソフトウェア業者に
お金を払って、開発作業を依頼する事があります。

この開発作業を引き受けた業者が
下請業者です。

下請け業者は通常
元請業者が決めた内容に従って
作業をするので、
創造型と作業型の開発では
通常は「作業型」の開発になりますし、
ソフトウェア開発工程でも
上流は元請がやって
下流を下請をするのが通常です。

ですから「影響力」というものを
考えると、

元請 > 下請

といった関係になります。

私自身も現在、ソフトウェア開発の依頼を
いくつか受けていて、
元請の仕事もあれば、下請の仕事もありますが
下請の仕事は相手が指示してきたものを
作るだけなので、楽ではあるのですが、
自分のソフトウェア開発のスキルを
存分に振るう事ができ、
モチベーションが上がるのは
やはり元請の仕事です。

ソフトウェア開発のプロフェッショナルである以上は
元請の仕事にできるだけ
係わっていきたいものです。