今日はオープンソース・ソフトウェア (OSS) について
お話をしたいと思います。

以前の記事で
ソフトウェアはソースコードから出来ている
という事をお話しました。

プログラマーが
開発の際に、このソースコードを
記述するのですが、
ソースコードというのは
通常、ユーザーの目に触れる事は
ありません。

例えば、文書作成や表計算を行なう
Word や Excel が含まれている Office。
ゲームのドラゴン・クエストやファイナル・ファンタジー
スマホのいろいろなアプリ等
世の中には数えきれないソフトウェアが
存在しますが、
我々が目にするのは出来上がった
ソフトウェアだけで、
それが、どの様なソースコードから
出来ているか? というのは
通常知る術がないのです。

オープンソース・ソフトウェアというのは
このソースコードが オープン (Open)
つまり、公開されている状態の
ソフトウェアを指します。

世の中にあるオープンソース・ソフトウェアで
代表的なものは以下のものがあります。

  • Linux (OS)
  • My SQL (データベース)
  • PostgreSQL (データベース)
  • Apache (Web サーバー)
  • Ruby (プログラミング言語)
  • Mozilla Firefox (インターネット・ブラウザ)
  • Word Press (CMS: Contents Management System ・・・ 簡単にホームページやブログを公開するシステムです。)
  • GIMP (画像編集)

オープンソース・ソフトウェアは
ソフトウェアを作る開発者側、
それを使うユーザー側・・・
双方にメリット・デメリットがあります。

opensource00-00

開発者側のメリット

  • 外部の開発者が参入できる。
  • 普及しやすい。
  • 信頼構築できる。

開発者側のデメリット

  • ソースコードの管理が面倒。
  • 公開を意識したソースコードを書く必要がある。
  • 企業秘密をソースコードに組み込めない。

ユーザー側のメリット

  • 処理内容が公開されているので安心できる。
    (隠されているという事は、裏側で何をやっているか分からない。)
  • ほとんどのケースで無料で手に入る。

ユーザー側のデメリット

  • セキュリティーホールを狙われやすい。
    (全て公開されているという事は弱点もさらけ出している。)

世の中には便利な
オープンソース・ソフトウェアがたくさんありますので、
メリット、デメリットをきちんと把握した上で
上手に使いこなせる様になると良いですね。