世の中には
昔から言われ続けている
格言というものが
数多く存在します。

「急がば回れ」
「光陰矢のごとし」
「早起きは三文の得」
など、数え上げれば切りがありません。

これらは、昔から変わらない
不変の真理というものを
我々に教えてくれていますが、
しかし、あまりにも当たり前に言われすぎていて
ついつい聞き流してしまう事も
少なくありません。

例えば
初心忘るべからず
もその一つです。

この言葉を聞いた事がない人は
ほとんどいないでしょうが、
しかし、この言葉の意味を深く考え
そして、実践できている人が
世の中には、いったいどれほどいるでしょうか?

我々は新しく物事を始める時は
大抵、大きな希望と共に始めます。

小学校に入学した時、
習い事を始めた時、
社会に出て就職した時・・・
我々は初々しい気持ちで
多くのものを吸収しようとします。

しかし、それは時が経てば
段々忘れてしまい、
時には「面倒くさい」と怠慢に・・・
時には「自分の思い通りにいかない」と傲慢に
なっていきます。

では、自分が成長し
そして、大きなパフォーマンスが出せるのは
どちらの状態の方でしょうか?

答えは比べるべくもありませんが、
しかし、この格言が示す通り、
我々はついつい「初心」を忘れてしまいます。
いや、初心だけでなく
人間である以上、我々はいろいろな事を
忘れていきます。

しかし、我々には知恵があります。
例えば予定を忘れない様に
手帳にメモするとか・・・
英単語を忘れない様に毎日繰り返し覚えるとか・・・
これまで、あなたは「忘れる」という現象と
うまく付き合う為にいろいろな工夫や努力を
してきたかと思います。

今後、あなたが
ずっと成長し続けたい、
何か夢や目標があって、それを達成したい。
ずっと高いパフォーマンスを持ち続けたい。
・・・というので、あれば
初心を持ち続ける事は必須です。

そして、その「初心」を忘れない為に
あなたなりの工夫をしてみて下さい。