現在、私は栃木県の宇都宮市の南隣・・・
上三川 (かみのかわ) というところに住んでいます。

仕事やプライベートで
都内に出てくる事も多いのですが、
その時は宇都宮線を使って出てきます。

都内までは約1時間半・・・
時間はかかりますが、
上野、東京、新橋、品川方面は
東京上野ライン・・・
池袋、新宿、渋谷方面へは
湘南新宿ラインで来れてなかなか便利です。

ところで、宇都宮線には
グリーン車と呼ばれる車両があります。

これは、平日だと950円
休日だと750円・・・
追加料金を払うと
グリーン車・・・ちょっとグレードの高い席に
座る事ができます。

実は、私は都内に出てくる時には
必ずグリーン車を使っています。

理由はいくつかあるのですが、

  • 普通車両は混んでいると、なかなか座れない。
  • 運よく座れたとしても、混んでいる時は隣の席の人と密着してしまってパソコンの作業がやりにくい。

私の仕事のメインはソフトウェア開発ですが、
要は、電車内で仕事の時間を確保している・・・
つまり、「お金で時間を買っている」のです。

ちょっと、前までは私もグリーン車は
「贅沢」という発想でした。

ですが、今の自分にとっては
贅沢でも、なんでもなく必要経費です。・・・

なぜなら、私がソフトウェアを作って
お金を貰う為には
ソフトウェアを作る時間を確保しなければ
ならないからです。

パソコンが必要であれば、パソコンを買う・・・
人が必要であれば、人を雇う・・・
移動が必要なら、交通費を使う・・・
そして、今回のケースでは時間が必要だから
グリーン券という形で
自分が仕事をする時間を買っているのです。

お金は今後の頑張りによって、
入ってくる量が左右されますが、
時間は1日24時間という量が
全ての人に平等に割り当てられます。

これを有効に使う為には
「時間を買う」という発想も
時には必要となってきます。