IT エンジニアには
パート・アルバイト、会社員、
フリーランス、経営者 ・・・
と、いろいろな働き方がありますが
今回は「パート・アルバイト」としての
エンジニアの働き方について
お話したいと思います。

一般的に「アルバイト」というと
次の様なイメージがあると思います。

  • 気軽に働ける。
  • 好きな時間に働ける。

実際、パートやアルバイトというのは
臨時雇用という位置づけなので
エンジニアのアルバイトも
正社員と比べれば採用されやすく、
また、未経験者 OK というところも
割とあるみたいです。

しかし、その反面
試用期間が設けられる事もあり、
その間で成果を出しておかないと
雇用終了・・・

もしくは、ソフトウェア開発は
一つのプロジェクトで一区切りする事が多いので
その段階で成果が出ていなければ
雇用終了といった可能性もあります。

また、きちんと成果を出していたとしても
雇用側のプロジェクトや予算の都合で
継続が叶わない場合もあります。

入る時の敷居も低いけど、
雇用終了の敷居も低いというのは
一般的なアルバイトの現状と
それ程変わる事はありません。

また、出勤に関してですが
ソフトウェアはチームで作るという事もあり
シフトの自由度は低い傾向にある様です。

ほとんどのところでは週3日以上・・・
中には週5日と、社員並みの出勤を
求められるところもあります。

そして、給与の方ですが
時給にすると 1,000円~3,000円程と
割と高時給です。

他に時給が高いアルバイトに
家庭教師や塾講師といった仕事もありますが、
それらの時給は授業という限られた時間帯でしか
貰えない事と、
事前の準備が必要だという事を考えると
エンジニアのアルバイトは
割と稼ぎやすいとも言えます。

また、アルバイトで成果を出し続けると
正社員として雇用される可能性も出てくる・・・
というのは、どこの業界でもある事だと思いますが
IT 業界でもそういった道を準備している会社も
ある様です。

安定的に収入を得ようとすると
ずっとアルバイト・・・というのは
少し不安ですが、
エンジニアの経験を積む第一歩としては
十分に考えられる選択肢の一つだと思います。