今回は、残業の効果の2つ目
充実した生活を送れる。
というお話です。

その前に、私が
100時間以上残業していた時は
どの様な生活を送っていたか・・・
についてお話したいと思います。

まず、100時間も残業していれば
当然、生活の中心は
「仕事」になります。

朝、会社に行って
夜遅くまで会社に残って仕事・・・
自宅には寝に帰るだけ・・・

そして、休日も多くの日を
出勤に割り当てます。

つまり、1週間に休日が1日
というのはもちろん
10日以上連続出勤というのも
ざらにあります。

そんな状態なので
体はクタクタです。

なので、せっかく取れた
たまの休みも
仕事の疲れを取る事しか考えられず、
大抵は自宅でごろごろしています。

趣味もほとんどありません。

そもそも、趣味に費やす時間が
あまり取れず、
当時は、自宅で気軽にできる
テレビゲームや DVD 鑑賞などが
唯一、自分にとって
趣味と呼べるものだったかもしれません。

当時の自分にとっては
それが当たり前だと思っていたのですが、
今の自分には
なぜ、残業時間80時間以上が
過労死ラインになるのかが
よく分かります。

なぜなら、肉体的に
疲れが出るだけでなく
精神的な部分も
仕事に支配されてしまうのです。

私は20代から30代始めまでは
その様な生活を続けていましたが、
途中からほとんど残業をしなくなりました。

そうすると、生活は激変します。

まず、残業に費やしていた
労働時間がなくなるので
単純に自分の時間ができます。

なので、私は残業しなくなって以降
バスケットボールやマラソン、
自転車、トライアスロン、旅行など
いろいろな趣味を作って
それに時間を費やす事ができる様になりました。

そうして、そうやって
趣味に時間を費やして
心身がリフレッシュできたので
体調も良くなりました。

残業していた頃の自分は
いつも「眠い」「疲れた」そういう事を
感じていた様に思います。

その様な状態と
心身リフレッシュしている状態・・・
どちらの方が充実した生活を
送れるかというと
答えは一目瞭然ですよね。

ですので残業をしなくなると

  • 自分の事に費やす時間が増える。
  • その事によって心身ともにリフレッシュできる。

この事により
生活が充実してくる様になります。