ITエンジニアには
いろいろな働き方がありますが、
今回は「会社員」としての
エンジニアのお話です。

パートやアルバイトが
臨時的な非正規雇用であったのに対し
会社員は、その会社に所属して働く
正規雇用の働き方になります。

アルバイトに比べると
なるまでの敷居は高いと言えますが
一度、会社員として雇われると
ある程度は安心できる立場にはなります。

ただ、昔の様な終身雇用の時代ではないので
一生安心・・・という訳には
なかなか、いきません。

また、要件定義や設計等の
上流工程の仕事や
チームのリーダーの様な
責任ののある立場の仕事も
パート・アルバイトよりは
正社員に任せる傾向にあるので
高いスキルを積む事もできます。

仕事内容や給与も
会社によって当然違うのですが、
一番大きな違いは
その会社の仕事内容が
元請か下請か・・・という事です。

元請の会社の場合
クライアントがユーザーになるので
直接打ち合わせをして
要件定義等の上流工程に
携われる可能性があるのですが、
下請しかやっていない会社では
元請が指定したものを作るだけなので
上流工程にはなかなか携わる事ができません。

その為、IT エンジニアの
求人サイトを見ると
「上流工程に携わる事ができる。」・・・
というものをアピールポイントの一つとしている
企業も多くある様です。

給与の相場は、現時点で
プログラマー (PG) の年収が 420万円くらい・・・
システムエンジニア (SE) の年収が 540万円くらいです。

現在は一般的なサラリーマンの
平均年収が 420万円弱ですから
プログラマーだと世間の平均くらい・・・
システムエンジニアだと、やや高めとも言えます。

また、下請と元請の場合は
当然、元請の企業の方が給与が高い傾向にあります。

元請 > 下請
システムエンジニア > プログラマー

という事からも見て分かる通り
この業界は、やはり上流にいく程
高収入になる傾向にあります。

ですから、IT 企業に就職する時には
そういった事も視野に入れて
会社・職場選びをしていく必要があります。