お客様との信頼関係を構築しましょう。

というのは、多くのビジネスで
言われる事ですが、
あなたは、お客様との信頼関係を
構築する為に何かをやっていますか?

 

お客様の立場になって考える事・・・

報告・連絡・相談を密にする事・・・

自分のノウハウやスキルを
余す事なく提供する事・・・

 

いろいろと出てくるかもしれませんが、
大抵、ここで出てくるものは
「自分」が「お客様」から信頼される
為に取る方法です。

ところが、「信頼関係」と言った場合
「お客様」から「自分」への信頼を得る事は
当然必要なのですが、
それだけでは不十分で、
実は、「自分」が「お客様」を信頼する事も
必要となってきます。

ですが、ほとんどの方達が
お客様との信頼関係を構築する為に
お客様から「信頼される事」は
考えるのですが、
自分がお客様を「信頼する事」は
ほとんど考えません。

でも、それでは本当の
信頼関係は築けないのです。

それでは、自分が
お客様を信頼する為には
何をすれば良いでしょうか?

・・・

それには、まず、
お客様には敬意を持って
接して下さい。

確かに、あなたのお客様には
あなたと同じ知識やスキルはないのかもしれません。

ただ、それは、これまでに
あなたと違う選択をしてきたというだけで
お客様にも、あなたが持っていないものを
たくさん持っているのです。

そして、あなたを必要としてくれている・・・
この縁を大切にして下さい。

そして、それでも
どうしても、尊敬できない様でしたら
そのお客様とは
取り引きはしない方が無難です。

なぜなら、敬意を持てない
お客様の仕事に
モチベーションが上がる訳もなく、
必然的にパフォーマンスも落ちるので
それでは、お互いの為にならないのです。

例えば

  • 理不尽な要求をしてくるお客様
  • しつこく値下げを求めてくるお客様
  • 特に問題がある訳ではないけど、根本的に価値観が合わないお客様

・・・など、
「信頼できないな。」と感じたお客様には
仕事自体を断る必要も出てきます。

どの道、あなたが一人で出来る
仕事の量も、限りがあるのです。

でしたら、あなたが
信頼できる人の仕事を
選んだ方が、あらゆる面で
良い方向に進んでいくのです。