フリーランス・エンジニアとして
独立すると、
エンジニアとしての技術はもちろん、
営業や、経理、事務、経営など
さまざまな業務をこなしていく
必要があります。

その中に

・お客様からお金を頂く
・お客様に金額を提案する

といった事も含まれますが、
これが、なかなかできない技術者も
少なくありません。

実は私も、かつては
お客様から大きなお金を頂く事に
抵抗があり、なかなかそれが
できませんでした。

「たくさんのお金を頂くのは
『がめつい』イメージがある。」

「たくさんのお金を頂くのは
お客様に申し訳ない気がする。」

そんなイメージを持っていました。

実際、この日本では
お金に執着しない事が
「美徳」とされてきた一面もあり、
その逆にお金にこだわる事に対して
ネガティブなイメージを
持っている人たちも
少なくない様です。

私が、かつて
某中小企業に勤めていた時には
社員の給与や賞与が何の断りもなく
勝手に下げられる・・・といった事が
行われた事がありましたが、その事を
経営者に対して文句を言ったところ

「お前がそんなに金に
細かいやつだとは思わなかった。」

などと言われた事があります。

(この会社は
既に倒産してしまいました。)

そういう背景もありましたし、

独立した当初は、
最初はお金が少なくてもいいから、
この業界に貢献したい・・・

そんな理想もあってから、
最初は少ない金額で
仕事を引き受けていました。

しかし、そうすると
まず、十分なお金を頂いていないので
自分が生活していく為には
また別の収入を確保しなければ
なりません。

その為に、別の仕事探しや
その他の作業にも
時間を取られてしまう。

・・・
つまり、そのお客様の仕事に
集中する事ができないのです。

結局、その仕事は
想定以上の時間がかかってしまい、
そのお客様にはかえって、
迷惑をかけてしまいました。

この時に私が感じた事は

「お客様の為にもお金はしっかりと
貰わないと駄目だな。」

という事です。

お金を頂く事は
がめつい事でも何でもありません。

お客様から引き受けた仕事を
きちんと遂行していく上で
必要不可欠な事なのです。

お客様の為にも
お金はしっかりと頂く・・・

それは、
フリーランス・エンジニアとして
必要な心構えなのです。