「士は己を知る者の為に死す。」

これは、
中国の古典「史記・刺客伝」に
出てくる言葉です。

男子たるもの、
自分の真価を認めてくれる
人の為にならば
命さえも投げ出すものだ・・・・

そういう意味らしいです。

これは、命さえも投げ出す・・・
というのは
やや言い過ぎかもしれませんが、
男性に限らず、
現代にも通じるものがあります。

なぜなら、誰しもが
自分の価値を認めてくれる
人の為にならば
最善を尽くす事ができるからです。

自分の価値を認めてくれて、
やった事が
きちんと評価される・・・

こんなに幸せな環境はありません。

評価されるから、
全力を尽くして頑張る事ができる。

そして、頑張ったから
評価される。

その様な環境では、
まさしく、正のスパイラルが働いて
状況はますますよくなっていきます。

・・・では、
逆の立場ではどうでしょう。

自分の価値を認めてくれない・・・
そして、やった事も評価されない。

その様な環境ではとても
モチベーションが上がらず
とても頑張る気にはなれません。

頑張れないから、
評価もされない。

評価がされないから
ますます頑張れない・・・。

この様な状況下では
状況がますます悪くなる
負のスパイラルに陥ってしまいます。

これは、
あなたがリーダーになった時も
同様です。

リーダーになると、
あなたはチームのメンバーを
まとめなければいけません。

当然、メンバーは
あなた自身ではなく、他人ですから
あなたとは経験も考え方も違います。

ここで、優秀なリーダーは
そのメンバーができる事を見て
それを生かす努力をしますが、
無能なリーダーは
自分と違うところを見て
自分のやり方に
合わせさせようとします。

しかし、それでは
メンバーのモチベーションは
上がりません。

あなたが、チームのメンバーに
最大限の成果を出してもらおうと
思ったら、まずは、
そのメンバー達を「信頼」し、
そして、任せてみて下さい。

そうする事で、
メンバーはあなたの「期待」に
全力で応えてくれます。

そして、あなたが信じた分だけ、
あなた自身も信頼を得られ、
そして、リーダーとして
周りからの評価も
得られる様になっていきます。