今回は、フリーランスの
プログラマーが仕事を取る
方法について、
お話していきたいと思います。

フリーランスのプログラマーが
仕事を得る方法は以下の
4つがあります。

● エージェントを利用する
● クラウドソーシングを利用する
● CODEAL (コデアル) を利用する
● 自力で営業する

エージェント

エージェントとは
エンジニアの代わりに営業をやって
仕事を紹介してくれるサービス
です。

企業側も、こういったところに
依頼すれば、
エンジニアを紹介してくれる
・・・ という事で、
案件もたくさん集まってきます。

ただ、在宅の案件はほとんどなく、
大部分が客先の会社内で働く
常駐型の案件です。

報酬は役割や技術のレベルによって
幅広く、中程度のものから
高額のものまで幅広くあります。

現在、フリーランスのエンジニアが
仕事を得るのに
最も多く利用されている方法です。

クラウドソーシング

クラウドソーシングを
代表するものに、
ランサーズや
クラウド・ワークスといった
サービスがあります。

エンジニアの仕事だけではなく、
ライターやデザイナーの仕事も
ありと幅広く、
また、在宅の案件も多いのが特徴です。

案件の数としては、
かなり多いのですが、
エンジニアの案件に絞ると
それほど多い訳ではありません。

また、報酬の額ですが
たまに、そこそこの金額の案件も
あるのですが、全体的に報酬は低めで
中には、専門知識を必要とする割に
学生のアルバイトくらいの
報酬にしか、ならないものもあります。

基本的に、依頼側は
安く済ませたい人が、
クラウドソーシングで探すので、
高額な報酬は期待しない方が良いです。

CODEAL (コデアル)

最近出てきた
企業とエンジニアの
マッチングサービスで、
在宅の案件に特化しているのが
特徴です。

https://www.codeal.work/

報酬額もそれなりに高く、
更には エージェントや
クラウドソーシングみたいに
中間マージンを取られる事も
ありません。

このコデアルを運営している
社長さんが、
元々エンジニアという事もあって
その理想をぎゅっと詰め込んだ
サービスになっています。

案件数はエージェントに比べると
劣りますが、それでも在宅の案件に
限定している事を考えると
かなりの数が集まっています。

在宅の案件にこだわる場合は
おすすめのサービスです。

自力で営業

報酬や勤務形態・・・

あらゆる部分が、
エンジニアの営業力に
左右されます。

あなた自身が、営業が得意だったり、
既に太い人脈を持っている場合は、
他のサービスでは及ばないくらいの
好条件で仕事ができますが、

そうでない場合は、
下手に営業をやっても

エンジニアの貴重な資産である
「時間」を使った上に
あまりよくない条件で
仕事をしてしまうという
最悪のケースになってしまいます。

営業が得意でないエンジニアは
かなり多いので、
その場合は、最初のうちは
何かサービスを使って、
仕事を見つけて
コツコツと信頼を積み重ね・・・

自然に仕事の依頼が来る様になったら、
自分で営業
・・・という形に
持っていくのが
良いのではないかと思います。

 

以下、表にまとめると
次の様になります。

エージェント クラウドソーシング CODEAL(コデアル) 自力で営業
案件数
種類 ほとんど常駐 常駐、在宅 在宅 常駐、在宅
報酬 中~高 低~中 中~高 低~高
中間マージン 5% ~ 20% 5% ~ 20% なし なし

 

是非、自分に合った方法を
試してみて下さい。