ITエンジニアは
サラリーマン・エンジニアも
フリーランス・エンジニアも
その技術力を提供して
お客様に提供しています。

ですから、

「IT スキルはあって当たり前・・・」

という事を前提に
今回は、IT エンジニアが独立して
フリーランス・エンジニアになったら
身に付けるべき
スキルについて説明していきます。

それは以下の3つです。

● コミュニケーション・スキル
● マーケティング・スキル
● + α

 

以下、一つずつ
見ていきたいと思います。

コミュニケーション・スキル

サラリーマン、フリーランスに
関わらず エンジニアにとって
コミュニケーション・スキルは
必要なスキルの一つです。

なぜならば、ソフトウェアは
一人で作る事はあまりなく、
ほとんどチームで作ります。

したがって、
チームのメンバーと協力したり、
相談したりする等の
コミュニケーションが必要です。

また、要件定義等の
上流工程に携わるエンジニアなら、
お客様と相談、打ち合わせをする
機会も出てきます。

そして、フリーランス・エンジニアは
それにも増して、
コミュニケーション・スキルは
不可欠な要素になってきます。

 

その理由は、
フリーランス・エンジニアは
「営業マン」の顔も
持っているからです。

以前、IT 業界では
「エージェント」と呼ばれる
エンジニアに変わって
営業をしてくれる
人達がいるというお話をしました。

確かに、その人達に頼れば
仕事は紹介してもらえます。

ですが、そのエージェントの
お世話になったとしても、最終的に
お客様に自分をアピールするのは
あなた自身です。

更に、コミュニケーション能力が
高まれば、あなたはエージェント達の
お世話にならなくても、
あなた自身が仕事を
取ってくる事ができます。

 

また、実際に仕事が取れて
開発フェーズに入った後でも
コミュニケーション・スキルは
重要になってきます。

なぜなら、あなたが
お客様とコミュニケーションが
うまく取れたかによって
お客様の満足度も
変わってくるからです。

そして、それによって
次の仕事に繋がるかどうかも
変わってきます。

 

つまり、
フリーランス・エンジニアにとって
コミュニケーション・スキルと
いうのはお金に直結する
スキル
なのです。

マーケティング・スキル

コミュニケーション・スキルは
既に存在するお客様
(もしくは見込客) に対して
仕事につなげる事ができる
スキルでした。

それに対して、
マーケティング・スキルは
お客様は一体どこにいるのか? ・・・
それを決定して探し出す為の
スキルです。

 

あなたが独立前から十分に
信頼を構築し、起業スタート時から
多くのお得意様がいたとしても、
マーケティングは必要です。

なぜなら、お得意様の何人かは、
少しずつ離れていくからです。

* 他に良い業者が見つかる。
* あなたに対して不満が出てくる。
* 全て問題が解決して、卒業する。
* 忘れてしまう。
* 組織の方針が変わってしまう。
* どこか遠くに移動する。

・・・など、
理由はいろいろとあります。

今、いるお客様が
離れていくという事は、
新しいお客様を見つけないと
仕事は減り
事業は縮小の一途を辿ります。

つまり、
新しいお客様を作る事ができないと
そのビジネスは死んでしまうのです。

もちろん、ビジネスはお得意様がいて
成り立っているので、
離れてもらわない様にする努力は
怠ってはなりません。

しかし、全てのお得意様に
ずっと残って頂くというのは
実際、不可能です。

なぜなら、
お客様が離れていく理由には
原因があなたではない、
その他に原因がある場合も
たくさん、あるからです。

 

ですから、今たくさんの良いお客様が、
あなたの周りに
ついていたとしても、
それに、あぐらをかいてはいけません。

ビジネスを衰退させない為には
新規顧客を見つける為の
努力が必要です。

その、新しいお客様を
見つける為のスキル

マーケティング・スキルなのです。

+α

フリーランス・エンジニアは
更にもう1つ、何かスキルを
身に付けておくと他のエンジニア達と
差別化を図る事ができます。

そのスキルとは何かというと
それは、
それぞれのエンジニアによって
異なります。

 

どういう事かと言うと
まず、IT エンジニアというのは
どちらかと言うと主役ではなく脇役の
職業です。

なぜなら、
ソフトウェアや IT 化というのは
何か目的を達成する為の手段でしか
ないからです。

例えば

文書作成という目的の為に
Word というソフトを使う・・・

ホームページ閲覧の為に
インターネット・ブラウザーを
使う・・・

といった具合です。

ですから、あなたに仕事を依頼する
お客様も、ソフトウェアを作る事自体が
目的ではありません。

* 情報を整理・管理したい。
* 自動化、効率化したい。
* 大量処理を行ないたい。

など、何か根本に
解決したい問題や・課題があって、
その為の手段として、
あなたに開発やIT化を依頼するのです。

 

現在は、パソコンやインターネットを
使わない業界は、ほとんどない・・・
と言って良いくらい、IT化が
普及している世の中です。

そこで、あなたが
IT スキル以外の専門スキルや知識を
持っていたとしたら、
それは、かなり強烈な
あなたの強みになります。

その業界のお客様達の
背景を知った上で
開発や提案を行なう事ができる・・・

つまり IT 業界と他の業界を繋ぐ
架け橋になり得るのです。

あなたが繋いでいくのは
IT 業界とどの業界か?

それは、これまであなたが

* どの様なシステムを開発してきたか?
* どの様な経験をしてきのか?
* どの様な事をやっていきたいのか?

といった所に答えは存在します。

 

 

以上、フリーランス・エンジニアが
IT スキル以外に身に付けるべき
3つのスキルを挙げていきました。

これらは「経験」はともかくとして
「知識」は今すぐにでも
いろいろな事を学んで
身に付けていく事ができます。

是非、これから
情報をいろいろ探していって
勉強してみて下さい。