IT エンジニアには、
自分で考えて動く
「創造型」エンジニア
と、

人に指示されて動く
「作業型」エンジニア

います。

これは、エンジニア個々の
スキルや性格にやる部分も
もちろんあるのですが、
会社やプロジェクト等
「場所」の影響も
多分に含んでいます。

 

例えば、私は2015年に
フリーランス・エンジニアとして
独立する前は、プロジェクト毎に
職場を転々としていましたが

あるプロジェクトでは
ソフトウェア開発の
一切を任されてきたのに、

次の職場にいったら、
あれこれ指示をされる・・・

といった事が起きてきました。

 

私自身は、
スキルも実績も増えてきて、
さらに、その職場から

「来て欲しい」

と言われて行ったのに
自由度と権限はさらに小さいものに
なってしまったのです。

 

ただ、その職場にも
悪気があった訳ではなく
それが普通だったのです。

実際、私はその職場で
リーダーをやっていましたが、

私は、それぞれ自分で
考えてやって欲しいと
思っていたので、多くの指示は
出さなかったのですが、

上司からは

「きちんと指示を出せ。」

みたいな事を言われました。

 

私自身も自分の仕事を
自分なりに、いろいろ考えて
やろうとはするのですが、

そこに上司の指示が
いろいろとやってきます。

そんな方法では駄目だと
思うものは、当然反対するのですが
権限は上司の方が持っています。

納得がいかないながらも
その上司の指示通りにやる・・・

といった事がしばしば起こりました。

 

そうすると、
どの様な事が起こるのか?

 

もちろん、自分の思い通りに
できないというストレスはあります。

・・・ しかし、それ以外にも
技術者としては
致命的な問題が出てくるのです。

それは

「ノウハウが貯まらない」

という事です。

 

その前の職場では、
私は、ソフトウェア開発は
全て任せて頂いていたので、

いろいろと、自分で考え
そして試し、経験して
ノウハウを貯めていくという事が
自然とできていたのですが、

上司にいろいろと指示される様な
その次の職場では、それが出来ない為
全然、仕事でノウハウが
貯まらないのです。

 

特に、その職場では
(研究者を対象とした
ソフトウェアでは)
駄目だと分かっている
ウォーターフォール型の開発しか
させてもらえなかった事は
致命的でした。

当時はアジャイル開発や
テスト駆動開発といった
言葉がはやっていたのですが、
かつての私の同僚は、
そういったノウハウを
次々と貯めていく中、
指示された通りにしか
開発ができなかった私は、
その話に全くついていけなく
なってしまったのです。

もちろん、知識は
本やインターネットで
取り入れる事ができます。

しかし、経験が伴わないので
ノウハウにはならないのです。

 

ただ、私は
最初は違う職場にいたので、
この違いに気が付く事が
できましたが、

おそらく、新入社員から
そこで、働いていたら
それが当たり前の様に
感じていたと思います。

 

しかし、自分の頭で考えて、実行する
「創造型」エンジニアと

人の指示通りに作業をする
「作業型」エンジニア

日に日に、その
ノウハウの差は広がっていきます。

 

どうすれば、
創造型のエンジニアに
なれるか?

というと、それには
もちろん、あなたの心構えも
必要ですが、

時としては「場所」を
考える必票も出てくるかもしれません。

 

・・・

ちなみに、今まで
指示通りに動いていたので
考えて動く事がなかなか
出来ないという方は

質問を Yes/No で答えられる形に
する事から始めてみましょう。

「どうすればいいですか?」

という質問では、あなた自身は
何も考える必要はありませんが、

「〇〇 でよろしいですか?」

という質問になると、
あなたの方で、〇〇の部分を
考える必要が出てきます。

まずは、それをやってみましょう。