今回は
「あたりまえ」についての
お話です。

あなたの本当の武器は
「あたりまえ」の中に
隠れてる・・・

という事がよく言われます。

 

なぜなら、
スキルは

● 無意識無能
(できないと意識していない)

● 有意識無能
(できないと意識している)

● 有意識有能
(意識すればできる)

● 無意識有能
(意識しなくてもできる)

といった段階を踏んで
いくものなので、
あなたが、本当にできる事は
意識をしていない事に
あるからです。

 

例えば、海外から
日本に来た外国人の方が

財布を落としたら、
中の現金そのままで
戻ってきた・・・

何かを待っている時には
きちんと列に並んで
待っている・・・

といった事に
感動する外国人も
多い様で、
多分、これは世界的に見れば
日本人の強みだと
思うのですが、

でも、実際に
我々日本人にとってみれば
当たり前の事です。

 

ですから、
あなたの当たり前の中には
あなたにも気づかない
たくさんの宝物が
隠されているのですが、

実は、あなたの
当たり前の中に
「弱点」も隠されています。

例えば、私は
サラリーマン時代は
いくつかの職場を
転々としていたのですが、

会社の文化によって、
「当たり前」が違うのを
目の当たりにしてきました。

 

例えば、ある会社では
自分で判断して
仕事をするのが、
当たり前だったけど

別の会社では
上司に指示した通りに
働いて当たり前だったり、

また、私は
IT エンジニアで
ソフトウェア開発を
やっていましたが、

ある会社では、
ソフトウェアは時間をかけて
作るのが当たり前に
なってしまっていました。

私は、ユーザーの人達が
早く試したいと
言っているのに、
こんなに時間をかけていては
駄目だ・・・

と訴えはしたのですが、

ですが、彼らにとっては
時間がかかるのが
当たり前なので、
問題があるという
意識すら共有できません。

これは、まさに
「無意識無能」の状態で
彼らには、できていない事すら
分かっていないのです。

 

これらの事から
当たり前の中には
無意識無能と無意識有能が
眠っており、

無意識無能は弱点に
なりますし、

無意識有能は
大きな武器になります。

 

そもそも、
それが、武器になったり
弱点になったりするのは

「自分にとっての当たり前は
他人にとって当たり前でない」

という事に
起因しています。

是非、その事を意識して
自分の中に眠っている
まだ、あなたの気づいていない
武器や弱点を
探してみて下さい。