私は、ここ15年以上
エンジニアという立場で
IT業界に携わってきましたが、

IT業界で活躍する人は、
エンジニアだけではありません。

経理、人事、管理職
といった立場的なものも
そうですが、

それ以外にも、
IT関連のコンサルティングを
生業とした
「ITコンサルタント」という
立場の人達もいます。

 

彼らは
主に企業を対象に

コンピューター、インターネット、
ネットワーク、セキュリティー、
システム、ソフトウェア

といったものの
アドバイスをしますが、

私も長年、
IT業界にいますので、
その様な、コンサルティングを
やっている知り合いというのは
何人かいます。

 

彼らの中には、
確かに優秀な人達もいるのですが、

実は、意外と多いケースが
技術者として
大成しなくて、
コンサルタントになる・・・

つまり、技術者崩れが
コンサルタントになってしまう
ケースです。

 

ですが、この状況には
ちょっと疑問があります。

確かに、人には
向き、不向きがあって

技術者向きでない人がたまたま、
コンサルタント向きだった・・・
という事はあり得る話なのでしょうが、

ただ、根本として技術者にしても、
コンサルタントにしても
やる仕事は、
クライアント・・・つまり
お客様の要望や課題を解決する仕事
である事には変わりないのです。

 

ソフトウェア開発の
エンジニアは、

クライアントから話を聞き

要求分析
(何を作るか決める)

設計
(どうやって作るか決める)

開発
(実際に作る)

テスト
(作ったものが動くか試す)

というステップを踏んでいきますが、

 

これで、
要求分析で十分成果を出せる様に
なったから、
お客様にシステムを提案できる
コンサルタントになろう・・・とか
言うのなら、話も分かるのですが

上記のステップで
成果を出せていない・・・

ぱっとしないエンジニアが、
コンサルタントに
なってしまうケースが
結構、多いのです。

 

ですが、技術者として
中途半端だった人が
コンサルタントになった途端
成果が出せるか?というと
それは、かなり疑問に感じますし、

私の知っている限りでは、
その様な過程で、コンサルタントに
なって成功した人は
一人もいません。

(技術者として成果を出して、
コンサルタントに転向しても
成果を出した人なら知っています。)

 

コンサルタントは、
お客様の課題を解決し成功に導く、
素晴らしい仕事だと思います。

技術者から、コンサルタントに
転身するのであれば

「技術者として、うまくいかないから
 コンサルタントになろう。」

といった、安易な考えではなく

「技術者として、
 お客様の要望・課題を
 解決してきた経験を
 コンサルタントとして生かそう。」

といった形で
やっていって欲しいですね。