「時間術」の記事一覧

「時間」に対する考え方 – 一流と二流の境界

エンジニアの心構え 時間術

どの業界にも一流の人とそして二流以下の人がいます。それはIT業界も例外ではないのですが、では、そもそも一流とそうでない人を分けるのは何か?・・・というと、それにはいろいろな要素があります。スキル、習慣、考え方。中でも、私がこれまで出会ってきた、エンジニアや経営者を見てきて面白い様に分かれるのが「時間」に関する考え方です。

プロジェクト・リーダーとしての残業との付き合い方

エンジニアの心構え リーダー 時間術

これまで、エンジニアは残業してはいけないという話はさんざんしてきましたが、今回は、リーダーとしての立場・・・残業させる事についてのお話です。リーダーとして、仕事をしていると、時として、作業が間に合わずメンバーに残業をお願いする事があります。しかし、この残業・・・当然の事ながら、軽々しくさせて良いものではありません。なぜなら・・・

開発計画の重要性 – サラリーマン・エンジニアの時に誤解していた事

エンジニアの心構え 時間術

エンジニアが「時間」という限られた資源を有効に使う方法として「開発計画」を立てる・・・という方法があります。これは、エンジニアがプロとして戦略的、計画的にお客様の要望を叶えたり課題を解決したりする上でまぎれもなく、必要なものなのですが実は、私がサラリーマン・エンジニアだった頃は、この「開発計画」は不要なものだと考えていました。

エンジニアが残業しない様にする、たった1つの方法

エンジニアの心構え 時間術

SE,プログラマーと言うと残業の代名詞みたいになっていますが、私はサラリーマン時代の後半は、ほとんど残業はせず、定時で帰っていました。なぜなら、残業は、目先の残業代と引き換えに●自己成長する為の時間を奪う●仕事の効率が下がる。●残業しなければならない状態というのは、そのプロジェクトや組織に何らかの問題があるのに、それを隠してしまう。・・・

在宅フリーランス・エンジニアが時間管理をうまくやっていく為に必要な3つの事

エンジニアの心構え フリーランス 時間術

在宅型のフリーランス・エンジニアは働く場所、時間・・・かなりの自由が手に入りますが、ですが、自由であるが故に時間管理(タイム・マネージメント)というのがとても重要になってきます。在宅型は朝、ずっと布団に入っていようが昼間から酒を飲んでいようが、誰も注意してくれる人はいません。

ソフトウェア・エンジニアが効率を上げて開発スピードをアップする為に必要な5つの原則

エンジニアの心構え 時間術

今回は開発スピードアップのお話です。最近はだいぶ「まし」になってきたとはいえ、まだまだプログラマーやSEというのは残業の代名詞の様な仕事です。日々残業しているエンジニアはまだまだ多いですし、仕事が多くて終わらない・・・という悩みを抱えているエンジニアもたくさんいます。

早起きをしたければ〇〇を捨てよう

エンジニアの心構え 時間術

今回は、早起きについてお話したいと思います。実は、私は昔から、いわゆる「朝型人間」でした。高校生の時には、学校から帰ったら、夕方6時くらいに夕食を食べてそれから風呂に入り、テレビを1時間程見てから夜8時くらいに寝る・・・・そして、朝(?)3時前に起きたら学校に行く前に、勉強する・・・といった生活をしていました。

決断するという事

エンジニアの心構え 時間術

これまで、5回にわたって 「残業をしてはいけない」 というお話をしてきました。 この話を聞いて、あなたは どう思いましたか? 「よく分かった・・・ 自分もこれから残業をやらない様にしよう。」 と思いましたか? それとも・・・ 「それは違う・・・ 残業は必要なものだ。 だから自分はこれからも残業をやる。」 と思いましたか?

それでも残業やりますか? – 残業をやってはいけない理由まとめ。

エンジニアの心構え 時間術

これまで、 残業をやってはいけない・・・ 残業をやめるとを得られる 3つの効果 仕事の効率が上がる 生活が充実する エンジニアとして成長できる について、お話をしてきました。 それでは、まだピンと来ないかもしれないので 今回は残業をやって 得られるもの、失われるものに 焦点を当ててお話したいと思います。

残業をしなければエンジニアとして成長できる。

エンジニアの心構え 時間術

今回は残業をなくす効果の3つ目 「エンジニアとして成長できる。」 というお話です。 なぜ、残業をなくすとエンジニアとして 成長できるのか? ・・・ これは、これまでの2つの効果 残業をなくすと仕事の効率が上がる・・・ 残業をなくすと生活が充実する・・・ に答えが隠れています。 なぜ、残業をなくすと生活が充実するのか? その理由の1つは、単純に「自分の時間ができる。」 というものでした。

ページの先頭へ