「元請と下請」タグの記事一覧

会社員としてのエンジニア

IT 業界基礎知識

ITエンジニアには いろいろな働き方がありますが、 今回は「会社員」としての エンジニアのお話です。 パートやアルバイトが 臨時的な非正規雇用であったのに対し 会社員は、その会社に所属して働く 正規雇用の働き方になります。 アルバイトに比べると なるまでの敷居は高いと言えますが 一度、会社員として雇われると ある程度は安心できる立場にはなります。

嘘か?本当か? ・・・ 「プログラマー35歳定年説」を考える。

IT 業界基礎知識 エンジニアの心構え

IT業界には 「プログラマー35歳定年説」・・・ もしくは、それを略して 「35歳定年説」 と呼ばれるものがあります。 読んで字の如く、 プログラマーは35歳で 定年になるという話ですが、 実際に IT業界の社員が35歳で 会社を定年になる事はありません。 では、なぜ35歳定年説が言われているのかというと これには諸説あります。

要件定義が狂えば、全てが狂う。

IT 業界基礎知識

前、ソフトウェア開発は 要件定義、設計、プログラム、テスト の4つのステップに 分かれているというお話をしました。 今回はそのうちの 「要件定義」について お話したいと思います。 要件定義というのは、 ソフトウェア開発で 一番最初にやる事で、 要するに、 「ソフトウェアに何をさせるのか?」 「どの様なソフトウェアを作るのか?」 を決める工程になります。

元請と下請

IT 業界基礎知識

ソフトウェア開発の発注には 元請(もとうけ) と下請(したうけ)の 2種類があります。 誰かがソフトウェアを作成したいと 考えた時、 それをソフトウェア開発業者に 相談しますが、 この、直接相談を受けた業者が 「元請」業者です。 もしくは、企画者が ソフトウェア開発業者内に いた場合は、そのまま 自分の組織が元請になったりします。

ページの先頭へ