常駐型フリーランスITエンジニアが人員削減サバイバルに生き残る方法

企業の業績が悪化してきた場合「コスト削減」策がとられる場合が多々ありますが、その時「人件費」削減というのは避けて通れない道になります。なぜなら、紙や電気代などは、多少、削減してもその額は知れていますが、人件費の場合は、一人手放す事によって月に数十万円以上の経費が削減できるからです。