「エンジニアの心構え」の記事一覧(2 / 7ページ目)

開発計画の重要性 – サラリーマン・エンジニアの時に誤解していた事

エンジニアの心構え 時間術

エンジニアが「時間」という限られた資源を有効に使う方法として「開発計画」を立てる・・・という方法があります。これは、エンジニアがプロとして戦略的、計画的にお客様の要望を叶えたり課題を解決したりする上でまぎれもなく、必要なものなのですが実は、私がサラリーマン・エンジニアだった頃は、この「開発計画」は不要なものだと考えていました。

エンジニアが残業しない様にする、たった1つの方法

エンジニアの心構え 時間術

SE,プログラマーと言うと残業の代名詞みたいになっていますが、私はサラリーマン時代の後半は、ほとんど残業はせず、定時で帰っていました。なぜなら、残業は、目先の残業代と引き換えに●自己成長する為の時間を奪う●仕事の効率が下がる。●残業しなければならない状態というのは、そのプロジェクトや組織に何らかの問題があるのに、それを隠してしまう。・・・

知らずにやっている、組織破壊活動

エンジニアの心構え

あなたは「サボタージュ・マニュアル」ってご存知ですか? 第二次世界大戦時にアメリカの戦略謀報局が敵地の組織を、仕事が進まない駄目な組織にする事によって組織破壊を行なうマニュアルなのですが、これには、組織を駄目にするさまざまな方法が書かれています。それには、もちろん組織を駄目にすると、明らかに分かるものも多いのですが、中には・・・

在宅フリーランス・エンジニアが時間管理をうまくやっていく為に必要な3つの事

エンジニアの心構え フリーランス 時間術

在宅型のフリーランス・エンジニアは働く場所、時間・・・かなりの自由が手に入りますが、ですが、自由であるが故に時間管理(タイム・マネージメント)というのがとても重要になってきます。在宅型は朝、ずっと布団に入っていようが昼間から酒を飲んでいようが、誰も注意してくれる人はいません。

情報化社会におけるソフトウェア・エンジニアの役割

エンジニアの心構え

今、世の中は「情報化社会」と呼ばれています。その少し前は「工業化社会」と呼ばれていました。つまり、現在は工業化社会から情報化社会に移り変わってきているところだとも言えます。「情報化社会」とはどういう事か・・・それは、我々が情報を売り、そして、買う時代になってきたという事です。

ソフトウェア・エンジニアが効率を上げて開発スピードをアップする為に必要な5つの原則

エンジニアの心構え 時間術

今回は開発スピードアップのお話です。最近はだいぶ「まし」になってきたとはいえ、まだまだプログラマーやSEというのは残業の代名詞の様な仕事です。日々残業しているエンジニアはまだまだ多いですし、仕事が多くて終わらない・・・という悩みを抱えているエンジニアもたくさんいます。

サラリーマン・エンジニアの良いところ

エンジニアの心構え

今日は「サラリーマンの良いところ」という話題についてお話をしたいと思います。サラリーマンの良いところと言えば一昔前は「安定している。」「会社に食べさせて貰える。」と言った事が挙げられたと思いますが、今は昔程、終身雇用が保証されている状態ではないのでそういったメリットはかなり少なくなってきました。

エンジニアがやってしまいがちな、コミュニケーションで失敗する3つの事

エンジニアの心構え コミュニケーション

今回はエンジニアのコミュニケーションのお話です。 どの様な業種もコミュニケーションは大切ですが、エンジニアは、それが苦手な人も多いという事で、 よく、エンジニアのコミュニケーションが話題、問題にされます。 コミュニケーションと言うと、聞く、話す といったスキルに目が行ってしまいがちですが、私の経験上、それらは、下手でも一所懸命やれば何とかなります。

エンジニアにとっての「読む」「聞く」「書く」「話す」

エンジニアの心構え コミュニケーション

普段、我々はコミュニケーションを取る上で、日本語を「読む」「聞く」「書く」「話す」といった場面で使用しています。今回は、エンジニアにとって言葉を使う場面・・・ エンジニアにとっての「読む」「聞く」「書く」「話す」について、考えてみたいと思います。

ページの先頭へ