「ソフトウェアは手段」タグの記事一覧

要件定義が狂えば、全てが狂う。

IT 業界基礎知識

前、ソフトウェア開発は 要件定義、設計、プログラム、テスト の4つのステップに 分かれているというお話をしました。 今回はそのうちの 「要件定義」について お話したいと思います。 要件定義というのは、 ソフトウェア開発で 一番最初にやる事で、 要するに、 「ソフトウェアに何をさせるのか?」 「どの様なソフトウェアを作るのか?」 を決める工程になります。

数学のすすめ

データ解析 SE 数学

ソフトウェアというのは 目的ではなく手段なので IT エンジニアは 脇役としての要素が強い代わりに さまざまな業種と相性が良いという 利点があります。 そういう意味では、 IT エンジニアが IT (情報技術) 以外の 知識を持っているというのは それだけで武器になり得るのですが、 しかし、その中でも ソフトウェア開発と とりわけ、相性の良い学問があります。

エンジニアは脇役?

IT 業界基礎知識 エンジニアの心構え

ソフトウェア・エンジニアの仕事と聞いて あなたは、どの様なイメージを 思い浮かべるでしょうか? バリバリの IT? 花形の職業? 人によっては「根暗」とか 「オタク」とかいったイメージを 持っているかもしれません。 しかし、ソフトウェア・エンジニアは かなり広く知れ渡る職業にはなりましたが、 脇役としての要素が濃い 職業です。

ページの先頭へ