「開発タイプ」タグの記事一覧

手法だけ変えても変更には対応できない。

エンジニアの心構え

以前、ソフトウェアの開発には 計画型とアイデア型があるという お話をしました。 計画型の開発は きっちり計画を立てて その計画通りに開発を進め、 アイデア型は、 開発途中で出てくるアイデアを 柔軟に取り入れながら、 最初に決めた通りのものを作るのではなく ソフトウェアの価値を最大化する事に 重点を置いて開発をします。

元請と下請

IT 業界基礎知識

ソフトウェア開発の発注には 元請(もとうけ) と下請(したうけ)の 2種類があります。 誰かがソフトウェアを作成したいと 考えた時、 それをソフトウェア開発業者に 相談しますが、 この、直接相談を受けた業者が 「元請」業者です。 もしくは、企画者が ソフトウェア開発業者内に いた場合は、そのまま 自分の組織が元請になったりします。

さまざまなソフトウェア開発手法

IT 業界基礎知識

以前にソフトウェア開発は 大きく分けて 「計画型」「アイデア型」の要素と 「作業型」 「創造型」の要素があるという お話をしました。 この2つの要素を 組み合わせると、 ソフトウェア開発のマトリクスというものを 作る事ができます。

作業型開発と創造型開発

IT 業界基礎知識

前回は ソフトウェア開発には 「計画型」と「アイデア型」の 2つの指標があるという お話をしましたが、 今回はもう1つの指標の話をします。 もう1つの指標・・・ それは「作業型」の開発と 「創造型」の開発です。 作業型ソフトウェア開発 これは、いわゆる肉体労働に属する ソフトウェア開発です。

計画型開発とアイデア型開発

IT 業界基礎知識

あなたは「ソフトウェア開発」と聞いて どの様に進めている姿を想像しますか? 実は、ソフトウェア開発も さまざまな、やり方があって 会社やチーム、 もしくは作成するソフトウェアによって 違います。 その指標はいくつかあるのですが、 今回は「計画型」と「アイデア型」の 開発についてお話したいと思います。

ページの先頭へ